血液血管用ルチン

ルチンは、ソバに豊富に含まれている複雑な砂糖であり、アスパラガス、大黄、および柑橘類の果実の皮および皮でも少ない量で存在する。 ルチンという名前は、ルチンが含まれているハーブの一般的なルーの学名であるルタ・グレイヴェレンから来ています。 1950年以前、ルチンは「ビタミンP」と呼ばれていましたが、実際にはビタミンではありません。

 

ルチンは重金属と結合してそれらを結合させ、毒性作用を引き起こさないようにすることができます。 人体では、ルチンは余分な鉄と銅を取り除くことができます。 しかし、それはまた、カルシウム、鉄、およびマンヘシウムが食物から吸収されるのを防ぐことができるので、ルチンはミネラルサプリメントまたは食事と一緒に飲むべきではありません。

ルチンの健康への効果

人体にはルチンの有益な効果がいくつかあります。 ここにはいくつかの例があります:

ルチンは血栓形成を引き起こし、アレルギーの炎症反応を引き起こす血小板活性化因子(PAF)を抑制する。

ルチンは、グルコース糖をソルビトールと呼ばれる糖アルコールに変換する酵素であるアルドースレダクターゼに対抗する。 ソルビトールは、眼のレンズおよび神経の内面を肥厚させることができ、視覚および感覚に損傷を与える。


rutin


ルチン は、酸化LDLコレステロールが白血球を引き寄せて動脈を硬化させるプラークに変換する速度を低下させることができる。

ルチンは、軽度の抗炎症剤であり、強力な抗酸化剤である。 最も重要な。

ルチンは体全体の血管の内張りを強化し、出血を減らし、崩壊を予防します。

Rutin for Blood Vessels

ルチンの最大の利点は、脚に見苦しい静脈瘤を治療し、痔核として知られている肛門の周りに腫脹した静脈瘤を治療することです。

ヒドロキシエチルルトシド(またはより正確にはトリヒドロキシエチルルトシド)として知られているルチンの誘導体は、慢性静脈不全として知られている状態を治療し、脚の静脈の弁が十分な酸素不足の血液を心臓に戻すことができない。

慢性的な静脈不全は、脚の夜間のかゆみ、暗褐色の色素沈着、および静脈瘤の湿疹を引き起こし、感染の危険性が高い。

ルチンおよびルチン誘導体はまた、妊娠中に痔核および静脈瘤を治療し、避妊薬によって引き起こされる静脈炎および顔、腿、または足首にスパイダー静脈を治療する。